Atelier
 

 GRAPEFRUIT

​アトリエ グレープフルーツ

アトリエグレープフルーツはそれぞれが美術を通して表現することを目的としています。

2008年4月、青山学院大学アメリカ文学の名誉教授だった吉田廸子が大学を退任し吉祥寺北町にあった自宅の一部を開放して、地域に開かれた学びと表現の「場」をつくりたいとはじめたのが「アトリエグレープフルーツ」です。当時は美術だけでなく、文学、語学などの集まりもありました。

発足後すぐに吉田さんが発病、闘病の末2011年2月に亡くなられ、アトリエのあった自宅も取り壊しになり、残った美術家のメンバーで練馬区の元美容室だった8畳1間のスペースを借り、美術の活動を継続。場所も小さかったため、今のような一対一、少人数の活動が中心となり、一般的な絵画教室に通えない人たちがたくさん集まるようになりました。さらにその場所も東京オリンピック決定後、高速道路建設のため立ち退きとなり、2014年、練馬区南大泉にある一軒家に移り、活動を続けています。

​現在、小学生〜50代の方まで、45名の人たちが通っています。​

​私にとって自分の美術家としての始まりと、アトリエグレープフルーツの場を作っていくことは同じ時間でした。そこは美術がうまれる現場で、美術は自分から出発すればよいことを教えてくれたし、こころが動くこと、手が動くことを信じさせてくれました。いつもそれに触発されながら創り続けてきたような気がします。

 

2019年から新しいスタッフが加わり、アトリエグレープフルーツは美術表現活動をサポートする場へと形を変えてきています。

グレープフツーツはその大きな果実が葡萄の房のようにたわわに実ることからその名が付けられたといいます。

わたしたちの活動もグレープフルーツのように大きな実を枝いっぱい実らせたいと願っています。

アトリエグレープフルーツ代表​

井坂 奈津子 (美術家)

アトリエグレープフルーツ

東京都練馬区南大泉4−33−11

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now